Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化(+裏技)

概要

Acrobat X Pro(ver 10.1.9)を使って、複数のPDF上のテキスト文字をアウトラインに一括で変換します。

Acrobat にアウトライン化するアクションを追加し、それを実行します。

※アクション:旧Acrobatではバッチ処理と言っていた機能です。
  

アウトライン化

PDFファイルを扱う上で、llustratorや古いAcrobatやReader、又はフォント環境に問題がある場合は、テキスト文字がうまく表示されない場合が有ります。

そこでPDF内のテキスト文字オブジェクトをフォントを必要とするテキストではなく、点と点をむすんだ画像に変換します。変換後はフォントは必要なくなり、削除されます。「テキスト文字の図形化」をアウトライン化とも言います。

詳細はネットで「アウトライン化とは」で検索してください。
  

アウトライン化できる条件

Acrobat でPDF上のテキストをアウトライン化するには1つだけ条件が必要です。透明部分の「透かし」がPDF内に存在する必要が有ります。

故意でない限り、PDFには「透かし」は入ってない(はず)です。よって、処理をする前にダミーの透かしを追加する必要が有ります。

今回は見えない様にするために空白文字の透かしを追加します。
  

事前準備

以下の << から >>までをメモ帳でテキスト保存して下さい。

<</ClipComplex [/b false]
/ConvertStrokesToOutlines [/b false]
/ConvertTextToOutlines [/b true]
/PresOverprint [/b true]
/TransparencyLevel [/i 63]
/printDPI [/i 1200]
/printGradDPI [/i 300]
>>

その後でそのファイル名を拡張子も含めて「★アウトライン.fsettings」に変更します。この作業ができない人はコチラ

ダウンロード  Acrobat アウトライン化のプリセット・ファイル v1.0  (390 バイト, 作成 2017年2月22日)

を使用ください。その「★アウトライン.fsettings」ファイルを以下のフォルダにコピーします。

  • Windows 7 、 8 、 8.1 、 10 の場合
    C:¥Users¥[ユーザー名]¥AppData¥Roaming¥Adobe¥Acrobat¥10.0¥Preferences¥
  • 上記以外の Windows の場合
    C:¥Documents and Settings¥[ユーザー名]¥Application Data¥Adobe¥Acrobat¥10.0¥Preferences¥

上記の作業はこの後の Acrobat 操作をやりやする為のものです。
  

アクションの作成

※コレ以降はWindows XPでの実行サンプル画面です。Acrobat の基本操作は変わりませんが、OS依存のファイル・ダイアログ等の画面内容は異なります。

1. Acrobat を起動します。起動したら「ツール」->「アクションウイザード」->「新規アクションを作成」をクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

2. アクション作成の画面が表示されます。画面右上の「開始」と書かれている右端「」部分をクリック -> 「アクションの開始時に確認」を選択します。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

3. 画面左から、「ページ」->「透かし(追加)」をクリックします。すると画面右のステップが「透かし(追加)」になります。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

4. 透かしの設定を変更します。画面右のステップ「透かし(追加)」の「オプション」アイコンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

5. 「透かしを追加」画面が表示されます。テキスト部分に空白文字を1つ入力 -> 「不透明度」100%を「1%」に変更 -> 最後に「OK」をクリックします。

※不透明度が100%だとアウトライン化は出来ません。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

ソースで透かしのみのPDFを指定しても構いません。

6. 次は保存先の設定を変更します。画面右の保存先の設定(オプション)アイコンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

7. 以下の画面が表示されます。変換後にファイル名を変換する為に「元のファイル名に追加(A)…」チェック -> 後ろに挿入(N)-oln」を入力します。アウトライン化の設定を行う為に「PDFの最適化(O)」チェック->「設定(E)…」ボタンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

8. 以下の画面が表示されます。画面の左から「透明」をチェック -> 「★アウトライン」をクリックして選択  -> 「編集(E)」ボタンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

事前準備でコピーしたファイルが上記で表示されました。本来は上記画面内でプリセット設定の追加が出来ないといけないのですが、うまく(再現)出来ませんでした。よって、裏技的な手法を行いました。

9. 「すべてのテキストをアウトラインに変換(T)」をチェック -> 「OK」ボタンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

上記は既にチェック済み状態ですが、念の為に必ず「OK」ボタンを最後にクリックします。

10. プリセット設定の「すべてのテキストをアウトラインに変換」で「はい」を再確認して、「OK」ボタンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

11. 上記画面の設定内容を保存する画面が表示されます、PDFの最適化の設定名として「OUTLINE-01」を入力 -> 「OK」ボタンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

12. 良ければ「OK」ボタンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

13. ステップの「透かし(追加)」の「ユーザーに確認」がオフを確認します。保存先の「アクション開始時に確認」と「既存ファイルを上書き」はお好みに設定します。

最後に「保存」ボタンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

14. 登録するアクション名を入力します。アクション名「アウトライン変換-01」-> 説明(任意)-> 「保存」ボタンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

15. アクションウイザードに「アウトライン変換-1」が登録されました。アクションの登録はこれで完了です。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

  

アクションの実行

PDFのアウトライン化の実行時はCPUを100%近くも食い、処理時間も思った以上に掛かります。ファイルサイズも5~30倍に膨れ上がり、PCにかなりの負荷を掛けます。よって最初は2~3つぐらいのPDFでテストしてから御使用ください。

1. アクションウイザードの「アクション変換-1」をマウスでクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

2. アクションを開始する確認画面が表示されます。良ければ「次へ」ボタンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

3. 入力するPDFファイルを指定します。「ファイルを追加…」をクリックして、ファイル又は該当するフォルダを指定します。
Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

4. 指定できたら「次へ」ボタンをクリックします。
Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

5. アウトライン化後の保存先フォルダを指定し、「OK」ボタンをクリックします。
Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

6. アウトラインの変換が始まりました。画面下に実行状況が表示されます。中断したい時は X マークをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

7. 完了すると実行結果が表示されます。必ず確認してください。確認したら「閉じる」ボタンをクリックします。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

画面からはコピペできません。多分、どこかにログファイルとして保存されているのではと予想していますが、探しましたが場所は不明です。

8. 最後に変換後のPDFのプロパティを開いて、フォントが無い事とアウトライン化されている事を確認します。

Acrobat X:複数のPDF内の文字を一括でアウトライン化

  

備考

  1. 事前作業で「★アウトライン.fsettings」ファイルを追加しています。ファイル名は変更して構いません。当作業が今後必要なければ、作業完了後に削除しても結構です。
  2. アクションの修正はアクションウイザードの「アクションを編集」で行います。
  3. アクション実行時はPC全体が本当に遅くなります。注意して下さい。
  4. Acrobat を使わず、Windows 10 の場合は「Microsoft Print to PDF」を使うと簡単にPDFのアウトライン化が出来ます。透かしの追加などせずに無条件でアウトライン化されます。

    

以上。
  
  


  

サイト管理人のメモ

なので、コレ以降は読まなくて結構です。

  1. Acrobat JavaScriptにもアウトライン化するサンプルコードが公開されていますが、自動処理につながる内容では無い。また透かしの追加に関する説明が不足している。
  2. 多分、アクションの実行ログはファイル保存されていると思うが・・。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA